• 印刷する

丸紅出資ビークイック、リッポーと協業

リッポーの商業施設内に開設した店舗を視察するリッポー・モールズ・インドネシアと、ビークイック・オートモーティブ・インドネシアの関係者(リッポー・モールズ・インドネシア提供)

リッポーの商業施設内に開設した店舗を視察するリッポー・モールズ・インドネシアと、ビークイック・オートモーティブ・インドネシアの関係者(リッポー・モールズ・インドネシア提供)

インドネシアの不動産開発大手リッポー・カラワチ子会社のリッポー・モールズ・インドネシアは22日、丸紅が出資する自動車部品販売・メンテナンス会社ビークイック・オートモーティブ・インドネシアと協業合意書を締結したと発表した。リッポーが運営する商業施設内に、ビークイックが店舗を開設するのはこれが初めて。

リッポー系の商業施設内にビークイックが入居する最初の店舗は、北ジャカルタの「プルイット・ビレッジ」。丸紅の広報担当者によると、3月20日から営業している。店舗面積は400平方メートル。

22日に首都ジャカルタで行われた協業合意書の調印式には、リッポー・モールズ・インドネシアのエディ最高経営責任者(CEO)や、ビークイックのヴィンセント・レナート社長、大橋直人副社長らが出席した。

今年後半には、バンテン州タンゲランの「マックス・ボックス・リッポー・ビレッジ」や、西ジャワ州ブカシの「ブル・プラザ」にもオープンする予定。店舗面積はいずれも400平方メートルの予定。

ビークイックは、丸紅がタイで買収したタイヤ小売りチェーン大手ビークイック社を通じて、2020年4月にインドネシア同業の株式を取得、商号を変更した。丸紅の出資比率は非開示。3月時点の国内店舗数は9店舗で、いずれもジャカルタ首都圏に展開している。23年までに25店舗の出店を目指す。


関連国・地域: インドネシア日本
関連業種: 自動車・二輪車

その他記事

すべての文頭を開く

バリ島、国際線受け入れ再開も到着なし(11:45)

新たな入国条件で混乱、搭乗予定の変更も(11:46)

自動車奢侈税改正令が施行 EVシフト、一般車影響は来年か(10/15)

隔離5日に短縮、ワクチン接種は出発14日前(10/15)

バンドン高速鉄道、中国の融資実施27億ドル(10/15)

UOBが建物省エネに融資、東南ア4カ国で(10/15)

CO2排出ゼロに毎年2千億ドルの投資必要(10/15)

石油ガス収入、原油高で今年150兆ルピアも(10/15)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン