接触者追跡アプリでの入場、6月から義務化

シンガポール政府は6月1日から、職場や商業施設など訪問者が多い場所や訪問者の滞在時間が長い場所への入場者に、新型コロナウイルス感染者の接触者追跡アプリ「トレーストゥギャザー(TT)」、または小型端末「TTトークン」の利用を義務付ける。現在はIDカードの提示など…

関連国・地域: シンガポール
関連業種: 医療・医薬品IT・通信雇用・労務社会・事件


その他記事

すべての文頭を開く

接触者追跡アプリでの入場拒否、政府が禁止(05/07)

医療現場の新技術導入、人材不足など障害に(05/07)

新規感染25人、市中は4人(7日)(05/07)

SGX、上場企業の監督にAIなど導入(05/07)

ワクチンの重大な副反応95件、保健庁調査(05/07)

全世帯の半数近く、小売電力業者に切り替え(05/07)

新聞大手SPHが経営切り離し メディアを非営利化、業績悪化で(05/07)

中小企業の業績、回復傾向に=OCBC銀(05/07)

経済開発庁、ベンチャー設立支援策を始動(05/07)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン