• 印刷する

電子部品の十分な供給困難、経済団体トップ

台湾の経済団体、中華民国三三企業交流会(三三会)の許勝雄理事長と中華民国工商協進会の林伯豊理事長は21日、そろって「今年は電子部品を満足に供給することが困難」との認識を示した。需給バランスの悪化は2022年まで続く可能性があるとみている。22日付工商時報が伝えた。

同日開かれた三三会の例会で発言した。許理事長によると、半導体の需要が第5世代(5G)移動通信システムなどの領域で新たに増加。昨年は新型コロナウイルス感染症の影響で設備投資が控えられたこともあり、供給が追い付かない状態が続いている。

林理事長は、各産業が供給不足の持続を予想している上、オーバーブッキングの動きもあり、短期の解決は難しいとの見方を示した。


関連国・地域: 台湾
関連業種: その他製造IT・通信

その他記事

すべての文頭を開く

膨らむ日本企業の商機 半導体をつくる島の未来(4)(05/14)

高雄の火力発電所が停止、400万戸に影響(05/14)

新型コロナ、新たに13人が域内感染(05/14)

万華区訪問者へ警告、感染拡大で(05/14)

飲食店や商業施設、コロナで「実聯制」導入(05/14)

各大学がオンライン移行、警戒度引き上げで(05/14)

IT大手がコロナ対策、来客禁止など(05/14)

鴻海のインド工場幹部、台湾に帰還(05/14)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン