• 印刷する

錦湖三井化学、ポリウレタン原料増産へ

三井化学(東京都港区)は21日、400億円を投資し、韓国で「ジフェニルメタンジイソシアネート(MDI)」と呼ばれるポリウレタン原料を増産するとともに、リサイクル設備を導入すると発表した。

具体的には、韓国の錦湖石油化学と合弁設立した錦湖三井化学の麗水工場(全羅南道)の年産規模を41万トンから61万トンに引き上げる計画だ。21年4月に着工し、23年9月の完工予定。24年1月からの営業運転開始を目指す。

MDIは◇自動車部品◇自動車および家具のシートクッション◇住宅や冷蔵庫の断熱材――などに使用されている。今後は、地球温暖化対策のために断熱性能を向上させた住宅建築向けや、電気自動車(EV)のNVH(ノイズ・振動・ハーシュネス)制御向けを中心に、年6%平均の成長率を見込む。

■リサイクル設備も導入へ

錦湖三井化学は同工場の生産設備の増強とともに、生産工程で発生する副生物を原材料として再利用するリサイクル設備も導入する。原材料自給率の向上のほか、工場からの排水量や、原料の調達を含むサプライチェーン(調達・供給網)全体での二酸化炭素(CO2)などの温暖化ガス(GHG)の排出量の削減にも力を入れる。

錦湖三井化学の麗水工場(三井化学提供)

錦湖三井化学の麗水工場(三井化学提供)


関連国・地域: 韓国日本
関連業種: 自動車・二輪車化学マクロ・統計・その他経済

その他記事

すべての文頭を開く

コロナ新規感染者、2日連続で700人台(11:38)

サムスンが半導体に追加投資 3.7兆円規模、TSMCを猛追へ(05/14)

サムスン協力会社で集団感染、工場稼働中断(05/14)

コロナ新規感染者、半月ぶりの700人台(05/14)

韓国とイスラエル、FTAに正式署名(05/14)

SK会長ら財閥トップ、文大統領の訪米同行(05/14)

最低賃金上昇率、アジア18カ国で韓国が最大(05/14)

SKイノが黒字転換、石油事業の改善寄与(05/14)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン