貧困層向け支援、4月に6.5兆ルピア給付

インドネシア政府は4月、貧困家庭向けの条件付き現金給付プログラム「希望家族計画(PKH)」で、約900万世帯を対象に合計6兆5,300億ルピア(約488億円)を支出した。家計の出費が増えるイスラム教の断食月(ラマダン、今年は5月12日まで)に合わせて支給した。ジャカルタ・ポ…

関連国・地域: インドネシア
関連業種: マクロ・統計・その他経済社会・事件


その他記事

すべての文頭を開く

電気料金値上げへ、補助金燃料は年内見送り(20:35)

食用油の高騰、天井見えず 国際市場ひっ迫で拍車懸念(05/20)

テイクオフ:昔の話だが、初めて海外…(05/20)

米テスラ、年内に投資実施か 中ジャワ州が候補、投資相が言及(05/20)

23日から食用油の輸出再開=大統領(05/20)

年内にボーキサイトとスズ禁輸、投資相が明言(05/20)

再生可能エネルギーは輸出せず=投資相(05/20)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン