• 印刷する

シティ、香港の資産管理部門で500人採用へ

米金融大手シティグループは、香港の資産管理部門で最大500人を採用する計画だ。サウスチャイナ・モーニングポスト(電子版)が15日伝えた。

シティは向こう5年で香港のリレーションシップ・マネジャー(顧客担当)300人以上を新規採用する見通し。2025年までに香港の資産管理部門の顧客数を3倍に、運用資産残高(AUM)を2倍にそれぞれ増やすことを目指している。同行は先ごろ、香港の事業領域全体で最大1,700人を増員する計画だと明らかにしていた。

シティは15日、世界13市場でコンシューマーバンキングから撤退し、香港、シンガポール、アラブ首長国連邦(UAE)、英国の“資産ハブ”に焦点を合わせると発表。13市場には中国本土やマレーシア、台湾などが含まれており、同社は「競争できる規模にない」と説明した。


関連国・地域: 香港米国
関連業種: 金融雇用・労務

その他記事

すべての文頭を開く

香港との往来再開、高確率で延期=運輸相(16:54)

銅鑼湾の商業地に200億ドル 希慎など落札、予測上回る高値(05/14)

米衣料品大手VF、ア太拠点を香港から移転(05/14)

賃料過去最高の160万HKドル、ピーク住宅(05/14)

新たに3人感染、域内1人=計1万1817人(05/14)

ワクチン、市民以外の滞在者にも=衛生局長(05/14)

今週末から2回目検査、外国人家政婦(05/14)

急反落、米株・アジア株下落受け=香港株式(05/14)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン