• 印刷する

テイクオフ:今月14日、ソウル市内…

今月14日、ソウル市内のとあるマンションの入り口に約1,000個の荷物が積み上げられた。宅配業界の労働組合が、マンション住民への個別配達を中断したためだ。

そのマンションは中庭に公園があるため、安全上の理由から車が侵入できないようにした。その結果、宅配車は地下駐車場を利用せざるを得なくなったのだが、韓国の一般的な宅配車の高さは2.5~2.7メートル。その駐車場は2.3メートルの高さ制限があるため、宅配車は入れない。

「誰のおかげで食っていけると思っているのか」。住民から脅迫まがいの電話やメールが相次ぐ中、マンションの敷地外から台車などで荷物を運ぶ配達員の姿もちらほら。しかし、労組は一歩も引かず、住民との対立は解決の糸口が見えない。業界全体の過労問題が指摘される中、別のストレスも増しているようだ。宅配大国ゆえの課題は多い。(智)


関連国・地域: 韓国
関連業種: 社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

コロナ新規感染者、2日連続の500人台(05/08)

4月の韓国車販売77%急増 コロナ禍の反動、国内は振るわず(05/07)

スマホ出荷、1~3月は23%増 過去最多も今後は第2波影響(05/07)

コロナ新規感染者、検査減で500人台に(05/07)

ワクチン接種、希望者61.4%にとどまる(05/07)

隔離延長に韓国企業から不満、大使館が協議(05/07)

CPI2.3%上昇、3年8カ月ぶり高水準(05/07)

韓国の工業競争力指数、日米抜き世界3位に(05/07)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン