撤退など事業見直し相次ぐ 外資企業、軍リスク拡大

政情不安の続くミャンマーで、外資企業による撤退などの事業見直しの動きが相次いでいる。軍に抗議し業務を放棄する市民不服従運動(CDM)もあり、国内の経済活動が停滞。市民を弾圧する国軍への欧米諸国による経済制裁が発動され、人権団体からは軍と取引のある企業への批判も…

関連国・地域: ミャンマー日本欧州
関連業種: マクロ・統計・その他経済雇用・労務


その他記事

すべての文頭を開く

17日までの犠牲者、865人で前日と変わらず(13:58)

新規感染362人、陽性率8.7%で高止まり(13:43)

宝石に制裁、ブランドが敬遠 取引の不透明さから疑問の声も(06/18)

月内にも難民認定申請、帰国拒否のサッカー選手(06/18)

帰国させる理由ない=京都大・中西准教授(06/18)

帰国拒否「適切に対応」と加藤官房長官(06/18)

新規感染355人、陽性率また2桁に(06/18)

ASEAN特使派遣を支援、茂木外相(06/18)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン