• 印刷する

アジア駐在員家賃、10都市中4都市で低下

英国の人材調査会社ECAインターナショナルが14日に発表した2021年度版のアジア地域の駐在員住宅コスト調査で、家賃が高い上位10都市中、4都市で前年を下回った。4都市には香港やシンガポールが含まれる。新型コロナウイルスの影響で駐在員の住宅需要が減退したことが背景にある。

ECAは昨年9月、世界約360都市を対象に駐在員の家賃調査を実施。駐在員が多く住む場所にあり、家具なしで3部屋タイプの中価格帯の物件を対象とした。

アジア地域で最も平均月額賃料が高いのは、前年に引き続き香港で1万769米ドル(約117万円)。世界全体でも4年連続で1位だった。ただ前年比では5%低下した。新型コロナの影響で駐在員が住む地区の住宅需要が減退したことが響いた。

シンガポールは4,210米ドル。アジア地域では8位、世界全体では26位だった。香港と同様にコロナ禍で駐在員が減ったことが影響した。

ECAのアジア地域責任者、リー・クエイン氏はシンガポールについて、「前年は賃料が(4%)上昇していたが、今回は新型コロナの影響で国内経済が打撃を受けた影響もあり、家賃が低下した。政府がコロナ対策の一環として、シンガポールに入国する外国人を大幅に制限したことも響いた」と説明した。

一方、アジア地域で9位の台湾・台北は12%上昇の4,101米ドルとなった。世界全体でも29位となり、前年から20ランクアップした。

ECAのクエイン氏は、「新型コロナの抑え込みにいち早く成功したことや、中国に赴任していた駐在員が台北に移る動きが広がったことが背景にある」と分析している。


関連国・地域: 香港台湾シンガポール
関連業種: マクロ・統計・その他経済

その他記事

すべての文頭を開く

新規感染52人、市中は24人(14日)(18:26)

1~3月の企業景況感、大幅に改善(18:24)

シングテル、米子会社不振で多額の特損計上(18:11)

STエンジとテマセク、貨物機リースで提携(18:08)

香港との往来再開、高確率で延期=運輸相(16:54)

チャンギ空港と隣接商業施設、一般立入禁止(16:04)

在宅勤務義務・店内飲食禁止、16日から(14:14)

ベトナムからの入国規制強化、感染拡大で(13:26)

ECラザダを公式パートナーに 大型セール、コロナ下での拡販へ(05/14)

米衣料品大手VF、ア太拠点を香港から移転(05/14)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン