• 印刷する

外食と酒類の販売を禁止、首都で24日まで

カンボジアの首都プノンペン当局は11日から、飲食店での飲食とアルコール飲料の販売を禁止した。新型コロナウイルスの感染拡大を阻止する狙いで、期間は24日まで。クメール・タイムズ(電子版)が12日に伝えた。

プノンペン政府は、「新型コロナの感染を抑制するために不可欠な手段」として、全ての飲食店でテイクアウト(持ち帰り)以外の営業を認めない方針を表明。店内での飲食やアルコール飲料の販売を禁止すると決定した。関係当局は、24日までこの措置が順守されているかどうかを徹底的に監視し、違反者には法的措置を講じる考えで、事業者に対しては営業免許の取り消しも視野に入れる。

クメール正月(14~16日)を含む期間にこの措置が講じられることについて、市民の多くは支持する意向を示しているもようだ。住民の1人は、「まず新型コロナの収束を願っている。今回の正月は自宅での飲食を心掛けたい」とコメントした。

一方で世界保健機関(WHO)のリー・アイラン・カンボジア代表も、クメール正月での外出自粛を国民に呼び掛けた。同代表は、正月がカンボジアで重要な行事であるとの認識を示した上で、「新型コロナの感染抑制のためには公衆衛生対策の全面的、効果的な実施が不可欠」と強調。感染者の半分近くが無症状者であることに言及し、「他人への感染、他人からの感染を避けるため、今年の正月は『ステイホーム、ステイセーフ(家で安全に過ごそう)』を心に銘じてほしい」と訴えた。

カンボジア保健省は12日、新たに277人が新型コロナに感染したと発表。累計感染者は4,515人となった。


関連国・地域: カンボジア
関連業種: 医療・医薬品サービスマクロ・統計・その他経済

その他記事

すべての文頭を開く

4日間で2000人感染、累計2万人に(05/12)

好調の対ベトナム輸出、1~3月は5倍(05/12)

タイ下請け協会加盟企業、投資に意欲(05/12)

中国へのマンゴー輸出開始、初回は100トン(05/12)

レッドゾーン縮小へ、ワクチン普及が背景に(05/11)

工場の再開指針、労働省が11項目発表(05/11)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン