• 印刷する

テイクオフ:名古屋名物「台湾ラーメ…

名古屋名物「台湾ラーメン」の元祖「味仙」の台湾ラーメンが、豚のそぼろ肉やエビがトッピングされた台湾を代表する麺料理「担仔麺」をアレンジしたものだと遅まきながら知った。味仙の台湾ラーメンは、唐辛子を効かせた肉そぼろが売りだが、担仔麺は唐辛子を使用しないため別物だと感じる。

台湾に来て、塩分控えめの味付けには慣れたが辛い料理が少ないのには未だ慣れない。先に訪れた麻辣火鍋チェーンも台湾では辛さが抑え気味。台湾人が「辛い!」と言いながら食べる台湾の有名タイ料理店でさえ本場と比較したらどうだろう。「日本人って辛いもの食べるんだっけ」。丸い目でこう聞かれることも多い。

名古屋の台湾ラーメンを逆輸入してくれないだろうか。もしくは日本みたいに激辛ブームが来たら個人的にはありがたい。帰国までしばらくはマイ唐辛子の持参が続く。(晶)


関連国・地域: 台湾
関連業種: 社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:「台湾はオフィス勤務で…(05/12)

中国寄せ付けず、5年超の差 半導体をつくる島の未来(2)(05/12)

新型コロナ、宜蘭でクラスター発生(05/12)

市中感染リスク拡大で予防措置強化、政府(05/12)

指揮中心、中華航空のパイロット全員を隔離(05/12)

IC設計各社、3Qに最大30%値上げか(05/12)

聯発科技の20年研究開発費、最高の773億元(05/12)

PC2社、4月は前年同月比で二桁増収(05/12)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン