日本対応「欧米から理解」、加藤官房長官

【共同】加藤勝信官房長官は9日の記者会見で、ミャンマー情勢を巡る日本政府の対応が奏功しているかどうかを問われ「欧米各国からも理解を得ていると考えている」と強調した。死傷者が相次ぐ現地の状況を強く批判するとともに、日本独自のルートを通じてミャンマー国軍に働き掛け…

関連国・地域: ミャンマー
関連業種: 政治社会・事件


その他記事

すべての文頭を開く

政情不安の影響一段と強く 対日輸出、3月は3割超減(05/11)

不買運動で売り上げ9割減、キリン現法(05/11)

通貨安進行、一時1660チャットの最安値に(05/11)

国軍に焦り、制限緩和で経済正常化図る(05/11)

「銀行預金は安全」中銀副総裁が強調(05/11)

ASEAN、特使のミャンマー派遣を準備(05/11)

スー・チー氏が24日出廷へ、政変後初めて姿(05/11)

9日までの弾圧による死者、4人増の780人(05/11)

WHOが医療危機を懸念、拘束や病院占拠で(05/11)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン