1~2月の対米輸出は3%増、前年比で減速

米国の国勢調査局によると、カンボジアの1~2月の対米輸出額は前年同期比3.4%増の11億2,000万米ドル(約1,230億円)にとどまった。47%の急増を示した昨年同期から大幅に減速したのは、米国の一般特恵関税制度(GSP)が昨年末に失効したためとみられる。2月単月の輸出額も前…

関連国・地域: カンボジア米国
関連業種: マクロ・統計・その他経済


その他記事

すべての文頭を開く

4日間で2000人感染、累計2万人に(05/12)

好調の対ベトナム輸出、1~3月は5倍(05/12)

タイ下請け協会加盟企業、投資に意欲(05/12)

中国へのマンゴー輸出開始、初回は100トン(05/12)

レッドゾーン縮小へ、ワクチン普及が背景に(05/11)

工場の再開指針、労働省が11項目発表(05/11)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン