軍政への対応、割れる経済界

ミャンマーで事業を展開する企業の間で、軍事政権への対応が割れている。フロンティア・ミャンマー(電子版)が8日伝えた。 国内最大の経済団体、ミャンマー商工会議所連盟(UMFCCI)は、クーデター直後の2月3日に国軍のミン・アウン・フライン総司令官らと面会。会員制…

関連国・地域: ミャンマー
関連業種: マクロ・統計・その他経済政治


その他記事

すべての文頭を開く

北角さん、きょう解放へ(10:10)

北角さん、14日に解放=ミャンマー国軍(09:57)

ジャーナリストの北角さん、当局が解放へ(09:56)

3月の対米輸入は55%減 政変前の2割、制裁が直撃(05/14)

現金不足が深刻化、市民の引き出し止まらず(05/14)

中銀、通貨安でクーデター後4回目の介入(05/14)

ヤンゴン管区、外資の衣料製造など認可(05/14)

ミャンマー工場「9月稼働難しい」=スズキ(05/14)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン