• 印刷する

テイクオフ:どうやら中央政府と地方…

どうやら中央政府と地方政府は、新型コロナウイルス感染症の第2波が拡大している中でも、昨年のような厳しい封鎖措置は導入したくないようだ。代わりに人々に対して感染対策を怠らないよう迫っている。

要請するだけでは効果は薄いとみて、警察に取り締まりを厳しくするよう求めている。警察がマスクなしの人をたたいたり、捕らえたりする様子がメディアに映し出されている。まるで犯罪者であるかのように扱われた人もいると聞く。

デリー高裁はマスク着用の義務化を決めた。自動車を単独で運転中にマスクを付けなかったことで罰金を科された人たちがいるのだが、これを不服とする訴えを退けた。たとえ1人で車に乗っているとしても、そこは公共の場であるという判断だ。また、多くの集合住宅が、住民にマスクの着用を求める独自の規制を設け始めている。(虎)


関連国・地域: インド
関連業種: 社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

UAEが印からの入国禁止、25日から10日間(04/23)

インド人労働者不足に懸念、入国規制強化で(04/23)

第2波で二輪販売が急減速 中小都市に感染波及で打撃拡大(04/23)

二輪ヒーロー、電動化で台湾ゴゴロと提携(04/23)

インドからの入国厳格化、23日深夜から(04/23)

電動車の販売比、過去最高も1%に満たず(04/23)

クボタ、販売子会社に建設機械部門を新設(04/23)

マヒンドラ、トラクター工場の新設を計画(04/23)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン