中国ジンコ、対越投資を拡大 太陽光パネル新工場建設へ

中国の太陽光パネル製造最大手の晶科能源(ジンコソーラー)が、ベトナム北部クアンニン省で最新鋭工場の建設に着手する。太陽光パネルについては環境対策を重視する米バイデン政権が自国産業強化を急ぐ方針を打ち出しており、低価格でパネルなどを供給する中国メーカーとの摩擦が…

関連国・地域: 中国ベトナム
関連業種: 電機電力・ガス・水道マクロ・統計・その他経済


その他記事

すべての文頭を開く

ビンGがスマホ生産から撤退 採算性見切り、EVに資源集中(05/11)

デジタル活用、アジアに学ぶ MUFGの東南アジア戦略(4)(05/11)

ビンファスト、豪州のR&D施設を一時閉鎖(05/11)

SBI、カンボジア・ベトナム間の送金事業(05/11)

市中感染109人増、北部でインド型の変異株(05/11)

コロナ第4波、航空各社が払い戻し対応(05/11)

改革区切り、法人向け強化急ぐ=パナ(05/11)

原材料の高騰、食品にも値上げの波(05/11)

外国人投資家が今後の相場けん引、HSBC(05/11)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン