上場企業純益、昨年2.5兆元 コロナも過去最高、ハイテク好調

台湾の上場企業と店頭公開企業の2020年決算が出そろい、全社を合わせた純利益は2兆4,600億台湾元(約9兆5,300億円)だった。前年比21.9%と大幅な増加を記録し、過去最高額を更新した。世界経済が新型コロナウイルス感染症の影響を受ける中、台湾企業は好調を維持した形。中核企…

関連国・地域: 中国台湾
関連業種: 化学その他製造金融運輸IT・通信天然資源マクロ・統計・その他経済


その他記事

すべての文頭を開く

TSMC、非先進プロセスの増産に3000億円(04/23)

LINEバンクが開業、最短6分で口座開設(04/23)

新型コロナ、1人の域内感染を確認(04/23)

半導体、台湾が米中をリード TSMC創業者「人材に優位性」(04/23)

TSMC、水不足で一部生産を南京に移管か(04/23)

二輪ヒーロー、電動化で台湾ゴゴロと提携(04/23)

新型iPadプロ、大画面製品は鴻海独占か(04/23)

広達にサイバー攻撃、身代金に1億ドル(04/23)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン