• 印刷する

プルタミナ製油所火災が鎮火、再開にめど

インドネシア国営石油プルタミナは3月31日、29日午前0時45分ごろに西ジャワ州インドラマユ県のバロンガン製油所で発生した火災が、31日に鎮火したと発表した。製油所の操業は4、5日後に再開する見通し。ロイター通信などが伝えた。

被災したのは貯蔵タンクがあるエリアの一部で、全貯蔵量135万キロリットルのうち7%が失われたという。精製を行うエリアの被害はなかった。

プルタミナのニック社長は、今回の火災は限定された場所で発生したと述べるとともに、火災で同製油所の製油能力が損なわれることはないと強調している。バロンガン製油所の製油能力は1日当たり12万5,000バレル。

一方、ジャカルタ・ポストは火災の影響について、「プルタミナが国内で計画している製油所の拡張工事や新規建設が停滞している中で、新たなダメージとなった」との見方を示した。プルタミナが保有する6カ所の製油所の製油能力は合計で1日当たり85万バレルと、現時点ではまだ国内消費量の半分にしか対応できていない。

ジョコ・ウィドド大統領は2015年に、国内の製油所の機能拡張や建設工事を国家戦略プロジェクトに認定。総額450億米ドル(約5兆円)を投じて製油能力を倍増させると意気込んだが、実際には計画の遅れが目立ち、多くが一時保留あるいは白紙化しつつあるという。このため既存の製油所に頼らざるを得ない状況が続いている。

プルタミナはバロンガン製油所で発生した火災が31日に鎮火したと発表した(同社提供)

プルタミナはバロンガン製油所で発生した火災が31日に鎮火したと発表した(同社提供)


関連国・地域: インドネシア
関連業種: 自動車・二輪車天然資源マクロ・統計・その他経済社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

民主派、首脳会議参加に意欲 国軍への経済制裁を要請(04/23)

5月24日まで移動規制を強化 帰省禁止の一環で、警戒強める(04/23)

3月の東南ア訪日者数98%減、引き続き低迷(04/23)

民間ワクチン接種、5月第3週開始に延期(04/23)

アストラが電子マネー事業、アプリも投入(04/23)

バタン工業団地、基礎インフラ建設に着手(04/23)

ハンガリー、インドネシアへの投資基金設立(04/23)

財務相、30年までに輸出企業50万社追加(04/23)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン