【タイ政治社会の潮流】「正当性」をめぐる戦いに 第347回

昨年8月ころから本格化した青年層を中心とする政治改革・軍部改革・王制改革などを求める改革運動(若者反乱)は、半年を過ぎた今も終息しそうにない。それどころか、コロナ禍下にも関わらず、ほぼ毎週集会やデモが各地で繰り広げられ長期化の傾向を帯びてきている。しかも、本来2…

関連国・地域: タイ
関連業種: 政治


その他記事

すべての文頭を開く

商務省、ラオス中国鉄道の活用へ会合を計画(14:34)

感染者4203人、オミクロン株2人確認(9日)(14:20)

アジア昇給率は4.3%予測 2022年の日系企業、NNA調査(12/08)

テイクオフ:約2年ぶりに訪れたスワ…(12/09)

丸紅、太陽光発電を本格始動 タイと越で工場向けの需要見込む(12/09)

感染者3618人、2日連続で3千人台(8日)(12/09)

11月の新規バイク登録、21%増の14.5万台(12/09)

地域別の新規バイク登録台数(21年11月)(12/09)

排気量別の新規バイク登録台数(21年11月)(12/09)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン