• 印刷する

《日系進出》スシロー、タイ1号店が開業

タイの首都バンコクで3月31日、日本の回転ずし最大手「スシロー」1号店が開業した。中心部の大型商業施設「セントラル・ワールド(CW)」7階に350席分のスペースを確保。スシローの店舗としては世界最大規模だという。また、レーンを流れるすしの皿にICチップを埋め込み、一定の距離を過ぎると自動廃棄するシステムを導入するなど、客を待たせず、常に新鮮なネタを提供することに力を入れている。

世界最大規模の広さとICチップを使った品質管理による「日本と同様のクオリティー」をアピールしている=3月31日、タイ・バンコク(NNA撮影)

世界最大規模の広さとICチップを使った品質管理による「日本と同様のクオリティー」をアピールしている=3月31日、タイ・バンコク(NNA撮影)

スシローを展開するフード&ライフカンパニーズ(旧スシローグローバルホールディングス、4月1日から社名を変更)のタイ子会社スシローGH(タイランド)の吉田司社長は、タイ1号店について3つの特徴を挙げた。1点目が日本品質への強いこだわりだ。一括仕入れにより、良質のネタを価格を抑えて提供できると強調。ハマチなどは日本から空輸し、「日本の店舗で食べるのと変わらない味や品質を提供する」と説明した。

スシローGH(タイランド)の吉田社長(中央)らによる鏡割り=3月31日、タイ・バンコク(NNA撮影)

スシローGH(タイランド)の吉田社長(中央)らによる鏡割り=3月31日、タイ・バンコク(NNA撮影)

■世界最大規模の350席

2点目は、スシローの店舗としては世界最大規模となる約800平方メートル、350席の広さを確保したことだ。家族連れやカップルなどのグループ客を、長い時間待たせることなく席に案内できると説明した。同様に、専用のスマートフォンアプリを導入し、事前に来店予約を受け付けることで、さらに待ち時間の短縮を図るという。

3点目は新鮮さを保つための最新システムの導入だ。各皿にICチップを埋め込み、レーンを流れる距離が350メートルを超えると自動的に廃棄し、常に新鮮さを保つようにしている。

メニューは100種類以上を用意。1皿当たり40~120バーツ(約141~424円)に価格設定している。生サーモンのにぎりが2貫で40バーツ、ハマチが同60バーツ、中トロが1貫で80バーツ、マグロ3貫盛り合わせが120バーツなどとなっている。1号店のオープニングキャンペーンとして4月30日まで大トロのにぎりを40バーツ(キャンペーン終了後の価格は120バーツ)で提供する。今後も月ごとに新たなメニューを追加するとともに、さまざまなキャンペーンを展開することで、客を飽きさせない取り組みを続けていくという。

吉田氏は、今後の店舗展開として、バンコクを中心に年間5~6店舗のペースで出店していくと説明。5月末から6月上旬にかけて2号店をバンコクに出店する計画だ。1号店を出店したセントラル・ワールドを運営する流通大手セントラル・グループのセントラル・パタナー(CPN)とは引き続き協力関係を保っていくと話した。

スシローの海外店舗数は3月31日時点で計44店となった。内訳は台湾20店、韓国9店、香港7店、シンガポール7店、タイ1店。昨年12月には中国・広東省広州市に新会社を設立すると発表。年内に同国1号店の出店に向けて準備を進めている。


関連国・地域: タイ日本
関連業種: サービス

その他記事

すべての文頭を開く

市中感染者2251人、制限緩和を検討(14日)(05/14)

長城汽車、タイ参入モデル「ハーバル」公開(05/14)

eスポーツが急拡大の兆し 巣ごもりで拍車、雇用創出期待も(05/14)

市中4871人で最多、刑務所で集団感染(13日)(05/14)

EV充電シャージ、市場規模490億円を予測(05/14)

物流JWD、1Qは50.6%の増益(05/14)

工業団地WHA、公益好調で1Qは38%増益(05/14)

不動産AP、低層住宅好調で1Qは7割増収(05/14)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン