• 印刷する

公共交通の運行制限、外出制限厳格化で

フィリピン運輸省は29日、マニラ首都圏と近隣の4州で厳格な外出・移動制限措置が敷かれている間の公共交通機関の運行規制を発表した。定員の制限を定めたほか、外出を認められた住民のみの利用を認める。

都市鉄道の運行は定員の20~30%で許可する。船舶や公共バス、ジプニー(フィリピン式乗り合いバス)、ミニバンを利用した乗り合いタクシー「ユーティリティー・ビークル・エクスプレス(UVエクスプレス)」は定員の50%での運行を認める。自家用車やタクシーなどは最大2人までの乗車に制限する。

航空便は、国内線の搭乗は外出を認められた人に限り、国際線の入国者数は1日1,500人となる。

運輸省は、外出は必要最低限にし、外出許可がない人は自宅で待機するよう強く呼び掛けた。公共交通機関を利用する場合は、マスクとフェースシールドの着用、車内での会話・通話・食事の禁止、手指消毒の励行など感染対策を必ず順守するよう定めた。

政府は29日から4月4日まで、首都圏と近隣のブラカン州、カビテ州、ラグナ州、リサール州で外出・移動制限措置を最も厳しい措置に戻している。


関連国・地域: フィリピン
関連業種: 自動車・二輪車医療・医薬品運輸マクロ・統計・その他経済

その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:定点観察は物事の変化を…(01/27)

22年昇給率、4.3%に縮小 コロナ禍で日系企業、NNA調査(01/27)

新型コロナ、新たに1万5789人感染(01/27)

腐敗認識ランク、東南ア5カ国で順位低下(01/27)

オミクロン株の死者計5人に、保健省(01/27)

公共交通の利用制限、出勤者は30日猶予(01/27)

〔ミ島通信〕ダバオ、外出禁止800カ所超に(01/27)

運輸省、交通機関の接種会場拡大へ(01/27)

未接種者の「差別」に苦情、弁護人事務所(01/27)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン