• 印刷する

豪ネット小売り、11カ月で5年分の成長示す

オーストラリアでは新型コロナウイルスの感染拡大を受けたオンラインショッピングの浸透により、食品を除く電子商取引(EC)の売上高がわずか11カ月で5年分を超える成長率を示したことが、コンサルティング大手プライスウォーターハウスクーパース(PwC)の調べで分かった。オーストラリアンが伝えた。

PwCによれば、食品以外のオンライン小売りの売上高は2021年1月に総額で21億豪ドル(約1,756億円)に上った。新型コロナ危機がなかった場合の成長曲線に沿えば、この金額に達するには2025年4月までかかっていた計算になるという。また、食品のオンライン小売りの売上高は、新型コロナ危機がなかった場合、今年1月の水準に達するのは24年12月になったとみられる。

PwCのブレナン氏は、オンライン小売りの急成長は21年も続いており、企業はこれらの新しい現実に適応することを余儀なくされていると指摘。「これは顧客主導の革命であり、顧客は今までに見たことのないようなプラットフォームやチャンネル、ブランドへの切り替えに非常に満足している」と指摘。消費者はショッピングでより多くの選択肢や透明性、コントロールを切望しており、この環境で勝つためには、企業は迅速なキャッチアップを行い、プラットフォームやチャンネル全体で対応する必要があると述べている。


関連国・地域: オーストラリア
関連業種: IT・通信小売り・卸売りマクロ・統計・その他経済

その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:シドニーのオリンピック…(10/07)

豪の最高税率適用者、10年で倍増 30年までに100万人突破も(10/07)

〔政治スポットライト〕岸田首相、10月下旬に豪訪問で調整(10/07)

豪の人材不足職種、前年から倍増(10/07)

卒業生ビザ拡大で人材不足解消を=商工会議所(10/07)

豪若者、高学歴も収入に見合わず?=報告(10/07)

豪8月貿易黒字が縮小、世界経済減速が圧力に(10/07)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン