日系、楽観視はできず コロナ禍、全土封鎖から1年(下)

統計上は回復が顕著なインド経済だが、進出する日系企業の正常化の度合いは業界や製品によって異なる。自動車業界では、乗用車は正常化したが商用車は回復が遅れている。NNAが製造業を中心に日系7社に電話などで聞き取りを実施したところ、今後の見通しについて手放しで「楽観…

関連国・地域: インド日本
関連業種: 自動車・二輪車電機医療・医薬品化学鉄鋼・金属その他製造運輸マクロ・統計・その他経済社会・事件


その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:当地ではいま、8割の州…(05/12)

電動車事業に100億ルピー投資 地場オメガ、貨物車のテスラに(上)(05/12)

パナが国内テレビ生産終了、海外に集約(05/12)

いすゞ、「D―MAX」の新モデル発売(05/12)

インド型変異株、国内初の感染確認(05/12)

伊ピアジオ、輸出注力で工場の稼働維持(05/12)

ダイキン11年ぶり減収、業務用エアコン落ち込む(05/12)

車販売のEV比率は当面1%未満=現代幹部(05/12)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン