ホンダ四輪販売、2月は前月比15%減

ホンダのインドネシア四輪製販法人ホンダ・プロスペクト・モーター(HPM)は16日、2月の新車販売台数(小売りベース)が6,018台だったと発表した。政府が3月から新車の奢侈(しゃし)税減免措置を開始するのを前に消費者が買い控えたことから、1月の販売台数から15%減少した…

関連国・地域: インドネシア日本
関連業種: 自動車・二輪車マクロ・統計・その他経済


その他記事

すべての文頭を開く

「攻め」の姿勢で上位目指す MUFGの東南アジア戦略(2)(05/07)

帰省禁止初日、高速道路で労働者が抗議(05/07)

AP1、11空港で6~24日に営業時間を短縮(05/07)

電動バイクのコスト低下、EVの普及後押し(05/07)

ホンダ四輪車4月小売り、前月比1.4%増(05/07)

今年の重機生産台数、最大7000台に上方修正(05/07)

仏トタル、給油所運営事業から撤退(05/07)

チビトゥン―チリンチン区間、年内開通へ(05/07)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン