【労働法講座】第108回 ベトナムでの就労が認められる外国人労働者の範囲

新労働法が施行されたことに伴い、我々日本人を含む外国人がベトナムで就労するための手続、要件についても変更が生じています。外国人がベトナムで就労するためには原則として労働許可証の取得が必要ですが、2021年2月15日に施行された「ベトナムで就労する外国人労働者及びベト…

関連国・地域: ベトナム
関連業種: マクロ・統計・その他経済雇用・労務


その他記事

すべての文頭を開く

アジア昇給率は4.3%予測 2022年の日系企業、NNA調査(12/08)

市中感染1.5万人増、4波累計134.7万人(12/09)

丸紅、太陽光発電を本格始動 タイと越で工場向けの需要見込む(12/09)

【サムスン再編】ベトナム依存の解消へ サムスンがスマホ拠点再編(上)(12/09)

国際定期旅客便は15日再開、運輸省方針(12/09)

石炭火力は既存計画中止も、副首相(12/09)

ビナキャピタルとノバランド、再エネで協力(12/09)

ロンアンーホーチミン間、道路3本が着工(12/09)

ハイフォン、ラックフエン港に非関税区建設へ(12/09)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン