20年の「専利」出願が3%減 コロナ響く、商標は過去最高

知的財産権を管轄する台湾経済部(経済産業省)智慧財産局(智財局)によると、台湾での「専利(発明に関する特許、実用新案登録、意匠登録)」の2020年の出願数は前年比3%減の計7万2,238件だった。新型コロナウイルス感染症の影響を受け、2年ぶりの減少となった。中でも、海外…

関連国・地域: 中国台湾日本米国
関連業種: 医療・医薬品金融IT・通信小売り・卸売りマクロ・統計・その他経済


その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:名古屋名物「台湾ラーメ…(04/12)

新光三越、アウトレット参入 売上高50億元へ、レジャー強みに(04/12)

TSMCの3月売上高、単月の過去最高に(04/12)

ノートPC5社、1Q売上高は明暗(04/12)

PC2社、3月売上高がそろって高水準(04/12)

液晶パネル大手2社、3月は直近4年の最高(04/12)

日月光の3月売上高、同月の過去最高(04/12)

ラーガン執行長、5月までの運営を悲観(04/12)

友達、医療用パネルが今年2桁成長へ(04/12)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン