• 印刷する

ファンティエット空港、今月に建設再開

ベトナム南部ビントゥアン省のファンティエット空港建設計画は、軍用施設の投資手続きに対する首相承認を待つばかりとなり、今月中にも建設が再開される見通しだ。6日付ダウトゥ電子版が報じた。

チャン・ドン国防次官が5日、ビントゥアン省人民委員会と事業主のランドン・グループとの会合で明らかにした。同空港は軍民共用空港で、民間部門はランドンがBOT(建設、運営、譲渡)方式で実施する。投資額は3兆8,330億ドン(1億6,600万米ドル、約180億円)。軍用部門の投資額は約8兆ドンを見込む。

空港は2015年に着工式が開催されたが、その後国際民間航空機関(ICAO)が定める基準コードの「4C」から「4E」への引き上げなど変更が相次いだことや、軍用部門の手続き問題で工事が止まっていた。空港の面積は545.56ヘクタールで、土地収用作業は完了している。


関連国・地域: ベトナム
関連業種: 建設・不動産運輸

その他記事

すべての文頭を開く

労働許可証、厳格化で混乱 新政令後、外国企業が対応に苦慮(04/23)

3月の東南ア訪日者数98%減、引き続き低迷(04/23)

シンガポールと首脳会談、商用便再開を協議(04/23)

豪、越のワクチン支援に1050万米ドル(04/23)

CPTPPからのFDI、2年で213億ドル(04/23)

ホーチミン市、1~3月の法人税収3割増(04/23)

ホーチミン市、30年までに輸出額2.7倍へ(04/23)

ハノイ、経済社会発展5カ年計画で草案(04/23)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン