• 印刷する

テイクオフ:2020年ミス・ユニバ…

2020年ミス・ユニバースのタイ代表に選ばれたアマンダ・オープダムさんが、タイ保健省の精神衛生大使を解任された。アマンダさんは、昨年10月にバンコクで開かれた反体制デモで、政府がデモ隊を排除するために放水などの暴力行為に出たことについてSNSでコメント。反体制デモを支持する姿勢を示し、一部の国民から批判を受けていた。

精神衛生局の局長は、アマンダさんの解任に際して「国民へのPRを担う大使は中立的立場にあるべきで、衝突を引き起こすような言動は慎むべきだ」と発言したが、個人的には納得がいかない。そもそもアマンダさんは暴力行為に抗議しているのであり、人としてまっとうな意見だと思う。

国内では、アマンダさん以外にも声を上げた有名人が何人も処分されている。民主主義国であるタイでは、言論の自由が認められているはずではないのだろうか。(ビ)


関連国・地域: タイ
関連業種: 社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

市中感染1326人、過去最多を大幅に更新(21:20)

市中感染956人、3日連続900人超(13日)(01:30)

市中感染980人、1日当たり過去最多に(12日)(04/13)

観光業、コロナ第3波で隔離免除の遅延懸念(04/12)

緯創、宜蘭の病院にロボ活用のリハビリ施設(04/14)

【グラフでみるASEAN】消費者物価指数(2月) 5カ国で上昇、ベトナムはプラス転換(04/14)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン