• 印刷する

就労ビザの申請資格剝奪、雇用差別で年50社

シンガポールで雇用差別のために就労ビザの申請資格を人材開発省から剥奪された企業は、過去3年間で年平均50社だった。ガン・ショーファン国務相(人材開発担当)が4日、国会の答弁で明らかにした。

ガン国務相によると、過去3年で発覚した雇用差別のうち6割は国籍、3分の1は性、年齢を巡る差別だった。残りは人種、婚姻歴に関するものという。

同相は、雇用機会均等推進団体「TAFEP(雇用機会均等に関する三者会議)」が雇用差別の疑いがあるとして調査に乗り出した案件が、過去3年間で年平均400件に達したことも明らかにした。

人材開発省は、それほど深刻ではない雇用差別の場合は警告書を送っている。警告件数は年平均40件に上る。


関連国・地域: シンガポール
関連業種: マクロ・統計・その他経済雇用・労務

その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:新型コロナウイルスワク…(04/19)

3月輸出額、単月で過去最高 非電子好調、見通し楽観視の声(04/19)

豪NZの双方向隔離なし渡航、きょうから開始(04/19)

単純労働者の入国困難、感染対策徹底で(04/19)

米が為替操作国ゼロに、「証拠不十分」(04/19)

カラオケまねきねこ運営社解散、コロナ禍で(04/19)

自宅隔離でのビジネス渡航が第1目標=首相(04/19)

シンガポール航空、香港への乗り継ぎ中止(04/19)

配車グラブ、本拠シンガポールでも上場検討(04/19)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン