政策金利1.75%で据え置き、4会合連続

マレーシア中央銀行は4日、金融政策会合を開き、翌日物政策金利(OPR)を過去最低の1.75%で据え置くと決めた。据え置きは4会合連続。 ロイター通信の事前調査では、エコノミスト15人中11人が据え置き、4人が利下げと予想していた。 中銀は声明で、最新の経済指標では外需…

関連国・地域: マレーシア
関連業種: 金融マクロ・統計・その他経済


その他記事

すべての文頭を開く

ビナプリ、ネパール最高裁庁舎工事を受注(18:29)

テイクオフ:日が暮れる午後7時半ま…(04/21)

次世代産業育成に環境整備急務 グラブの米国上場で課題浮き彫り(04/21)

仕事や教育目的の州間移動、月~木のみ可に(04/21)

新規感染2341人、KLは前日の2倍強(04/21)

RM1=26.4円、$1=4.12RM(20日)(04/21)

新たな投資誘致策、きょう閣議に提出へ(04/21)

コンテナ運賃の高止まり、今後も継続か(04/21)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン