• 印刷する

EVタウン構築へ、公営住宅に充電設備完備

シンガポール陸上交通庁(LTA)は4日、電気自動車(EV)の普及を目指す政策の一環として、2025年までに国内8カ所で「EVレディータウン」を構築すると発表した。公営住宅(HDBフラット)の駐車場にEV充電設備を完備する。

面積当たりの駐車場の数が多く、電力供給能力に余裕がある、北東部アンモキオ、プンゴール、東部ベドック、中央部クイーンズタウン、西部ジュロン・ウエスト、チョアチューカン、北部センバワン、テンガの8地区を選定した。30年までに、国内全ての地区をEVレディータウンにしたい考えだ。

今後、新たに建設する公営住宅の駐車場では、EV充電設備の設置や電力供給能力を一定水準以上にすることを義務付けるほか、民間集合住宅でもEV充電設備の整備に助成金を出す方針だ。詳細は改めて公表する。


関連国・地域: シンガポール
関連業種: 自動車・二輪車建設・不動産運輸マクロ・統計・その他経済

その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:新型コロナウイルスワク…(04/19)

3月輸出額、単月で過去最高 非電子好調、見通し楽観視の声(04/19)

豪NZの双方向隔離なし渡航、きょうから開始(04/19)

単純労働者の入国困難、感染対策徹底で(04/19)

米が為替操作国ゼロに、「証拠不十分」(04/19)

カラオケまねきねこ運営社解散、コロナ禍で(04/19)

自宅隔離でのビジネス渡航が第1目標=首相(04/19)

シンガポール航空、香港への乗り継ぎ中止(04/19)

配車グラブ、本拠シンガポールでも上場検討(04/19)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン