• 印刷する

エイサー、PC供給が7割不足

パソコン世界大手、宏碁(エイサー)の陳俊聖董事長は3日、足元でパソコン製品の供給が7割近く不足していると明らかにした。供給不足は今年いっぱい続くとみている。4日付経済日報などが伝えた。

パソコンの供給不足は、旺盛な需要に加え、半導体部品の深刻な品薄が要因。エイサーは現在、受注3台に対し1台しか出荷できない状況だという。

陳董事長は「新型コロナウイルス感染症に伴う在宅勤務・学習向け需要の急速な高まりのほか、各国・地域政府の政策もパソコン需要を押し上げている」と指摘。教育向けにパソコン製品の調達経費を拡大する動きなどがみられ、米国や日本で需要が急拡大している。

■EVチームを組織

陳董事長は3日、電気自動車(EV)関連の業務を行う専門チームを設置したことを明らかにした。充電施設や電池関連の事業を手掛ける。

宏碁は2018年にEVや自動運転車分野に参入。台湾自動車大手の裕隆集団と提携し、裕隆のEVのプロトタイプ向けに人工知能(AI)による自動運転システムを提供した。


関連国・地域: 台湾
関連業種: 自動車・二輪車IT・通信

その他記事

すべての文頭を開く

花蓮震源に2度の地震、最大震度6弱(00:05)

テイクオフ:台湾人の妻がIT企業で…(04/19)

30年までに1ナノ以下生産へ 南部に供給網、競争激化に対応(04/19)

TSMC、ファウンドリーは来年も需給逼迫(04/19)

米が為替操作国ゼロに、「証拠不十分」(04/19)

ファウンドリー生産額、今年は過去最高に(04/19)

日米共同声明に「台湾」、対中国=日本は板挟み(04/19)

TSMCの工場停電、ウエハー数千枚廃棄か(04/19)

日中改善の勢い「失った」、中国共産系メディア(04/19)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン