• 印刷する

苦難続くLCC、政府が190億円を追加支援

韓国国土交通省は3日、新型コロナウイルス感染症の影響で経営状況の悪化が続く格安航空会社(LCC)に対し、最大2,000億ウォン(約190億円)の追加支援を実施することを決めた。

韓国政府は新型コロナの流行以降、合計で5,415億ウォンをLCC支援に投じた。しかし、1年が過ぎても収束の兆しが見えず、航空需要の低迷が続いている。国交省はLCCの資金不足が今年9月までには2,000億ウォンに達すると試算し、さらなる支援が必要と判断した。航空会社別の支援額は、今後行う実態調査などにより決定する。

政府はまた、航空機にかかる取得税や財産税の追加減免の検討に入った。2017年から取得税は60%減、財産税は半減されているが、減免率をさらに引き上げるかどうかを協議していく。

これに加え、◇航空会社の雇用安定支援◇457億ウォンに上る航空施設使用料などの減免◇無着陸遊覧飛行の多様化支援――などを通じ、航空業界を支えていく方針だ。


関連国・地域: 韓国
関連業種: 運輸マクロ・統計・その他経済

その他記事

すべての文頭を開く

ポスコ、ミャンマー国軍系と合弁解消へ(09:19)

コロナ新規感染、2日連続で600人台(04/17)

政策金利0.5%据え置き、景気の本格回復まだ(04/16)

コロナ新規感染、700人前後で推移(04/16)

ワクチン接種、4割自主判断 安全性懸念し「帰国接種」希望も(04/16)

少子高齢化が韓国の財政圧迫=IMF警告(04/16)

双竜自の更生手続き開始、ソウル回生裁判所(04/16)

現代自と起亜、上海にR&Dセンター設立へ(04/16)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン