• 印刷する

テイクオフ:広州では春節(旧正月)…

広州では春節(旧正月)を過ぎると文字通り春の訪れを感じる。亜熱帯のため日本ほど明確な四季はないが、肌寒さが和らいだと思ったら汗ばむような陽気になり、色とりどりの花が一斉に咲き始める。

珠江に浮かぶ中州の一つ、大吉沙島では今、畑一面を黄色く染め上げた菜の花が見頃を迎えている。島のあちこちにはバナナやスターフルーツ、グアバといった南国の果物が自生し、民家の広い庭では放し飼いのアヒルとニワトリが走り回る。同じ広州市内とは思えない、のどかな農村風景だ。

島と外部をつなぐ交通手段は船だけ。オートバイに跨がった地元の人たちと川を渡る10分足らずの「クルーズ」だ。近い将来、島内に地下鉄を通す計画があるそうで、完成すれば島の景色は一変するに違いない。便利さを否定することはできないが、その頃にもまだ菜の花は見られるだろうか。(羊)


関連国・地域: 中国-全国
関連業種: 社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

TSMC、非先進プロセスの増産に3000億円(17:06)

環境債リスト21年版、石炭関連事業を除外(18:56)

タイ政府、ロシア製などワクチン調達を加速(14:25)

半導体、台湾が米中をリード TSMC創業者「人材に優位性」(04/23)

コロナワクチン接種が2億回 製薬大手「深刻な副反応なし」(04/23)

TSMC、水不足で一部生産を南京に移管か(04/23)

プロトン、ペラ生産拠点拡張に2億リンギ(04/23)

広東省との通常往来再開へ協議、政府(04/23)

再生エネ水素、60年に1億t規模=業界団体(04/23)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン