家族ビザ保有者の雇用要件強化 5月から、就労ビザ取得義務付け

シンガポール人材開発省は3日、企業が家族ビザ(ディペンデント・パス=DP)保有者を雇用する際の要件を厳格化すると発表した。現行は就労ビザがなくても一定の手続きをすれば雇用を認めているが、5月1日からは労働に必要なビザの取得を義務付ける。日系の人材業界関係者や企…

関連国・地域: シンガポール
関連業種: 電機食品・飲料マクロ・統計・その他経済雇用・労務


その他記事

すべての文頭を開く

財務相にウォン教育相が就任 内閣改造、次期首相候補に浮上(04/23)

新規感染39人、国内は3人(23日)(04/23)

変異株の国内感染、これまでに8人=保健省(04/23)

インド人労働者不足に懸念、入国規制強化で(04/23)

20年の汚職告発、コロナ禍で5年ぶり低水準(04/23)

米ビザなど大手企業も参入 設置進む無人AI店舗(下)(04/23)

3月の東南ア訪日者数98%減、引き続き低迷(04/23)

シンガポールと首脳会談、商用便再開を協議(04/23)

ウェンズ、高級車ロータスのタイ販売権取得(04/23)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン