• 印刷する

JFE、近畿大らとバイオ燃料の実証試験

JFEエンジニアリング(東京都千代田区)は3日、シンガポールにある同社製の廃棄物焼却炉で、次世代型バイオマスリサイクル燃料「バイオコークス」を使った実証試験を行うと発表した。近畿大学と南洋理工大学(NTU)の3者で、2021年5月~22年10月に実施する。

バイオコークスは、近畿大の井田民男教授の研究チームが開発した次世代燃料。多種のバイオマスを原料とし、二酸化炭素(CO2)排出量の削減に寄与する燃料として注目されている。

今回の実証実験は、シンガポール国家環境庁(NEA)が公募した事業となる。3者は、国家環境庁の補助を受け、シンガポールで未利用となっている汚泥系バイオマスや木質系バイオマスからバイオコークスを製造。南洋大が所有するJFEシャフト式ガス化溶融炉で、廃棄物を溶融処理する際の燃料の一部として、バイオコークスを活用する実証試験を行う。

JFEシャフト式ガス化溶融炉は19年の完工。処理された廃棄物は合成ガス化されて電力として利用されるほか、スラグ(砂状の無機物)や金属類などリサイクル可能な物質に変換される。スラグは金属の製錬や廃棄物処理の過程で生まれる副産物で、建設資材などに用いられている。

JFEエンジニアリングはこれまでも、南洋大とともに同溶融炉でさまざまな実証試験を行ってきた。日本では近畿大とバイオコークスを利用した同様の実証試験も手掛けてきたという。

JFEエンジニアリングは声明で、「3者での実証事業を通じ、エネルギーの地産地消の実現と、未利用バイオマスを有効活用した廃棄物処理技術の確立を目指し、循環型社会の形成に貢献したい」と説明した。


関連国・地域: シンガポール日本
関連業種: 化学電力・ガス・水道マクロ・統計・その他経済

その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:郵便受けに宛名のない小…(09/27)

コロナ感染対策を再び厳格化 27日から4週間、在宅勤務基本に(09/27)

抗原検査の陽性者、在宅勤務や有休取得要請(09/27)

雇用促進制度、来年3月まで6カ月延長(09/27)

シンガポールとの自由往来再開へ交渉継続(09/27)

中国社、3.5億ドル投資でリチウム工場建設(09/27)

8月製造業生産高11%上昇、4カ月連続2桁(09/27)

移民政策の雇用面に反感、国民半数(09/27)

米、TPP復帰せず「国内投資が優先」(09/27)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン