CATLの曽氏、エネルギー貯蔵問題で提言

車載電池大手、寧徳時代新能源科技(福建省寧徳市、CATL)の曽毓群董事長は、きょう4日に開幕する中国人民政治協商会議(政協、国政助言機関)の会期中に、電気化学的エネルギー貯蔵のための新型インフラ建設加速に向けた提言とリチウムイオン電池の知的財産権保護強化に関す…

関連国・地域: 中国-福建
関連業種: 自動車・二輪車電機その他製造電力・ガス・水道マクロ・統計・その他経済


その他記事

すべての文頭を開く

TSMC、非先進プロセスの増産に3000億円(17:06)

環境債リスト21年版、石炭関連事業を除外(18:56)

タイ政府、ロシア製などワクチン調達を加速(14:25)

半導体、台湾が米中をリード TSMC創業者「人材に優位性」(04/23)

コロナワクチン接種が2億回 製薬大手「深刻な副反応なし」(04/23)

TSMC、水不足で一部生産を南京に移管か(04/23)

プロトン、ペラ生産拠点拡張に2億リンギ(04/23)

広東省との通常往来再開へ協議、政府(04/23)

再生エネ水素、60年に1億t規模=業界団体(04/23)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン