SKが水素事業に1.7兆円投資 インフラ整備、「炭素中立」促進

韓国のSKグループは2日、向こう5年間で水素燃料のインフラ整備に計18兆ウォン(約1兆7,100億円)を投じると発表した。仁川市に副生水素の生成プラントを建設し、2025年までに年間28万トンの水素供給体制を整える。水素燃料電池車(FCV)を生産する完成車大手・現代自動車と…

関連国・地域: 韓国
関連業種: 自動車・二輪車化学電力・ガス・水道マクロ・統計・その他経済


その他記事

すべての文頭を開く

コロナ新規感染、6日ぶりの700人台(11:47)

3月の就業者31万人増、コロナ後初のプラス(16:24)

ミャンマー進出銀行、駐在員の帰国拡大(16:25)

マクニカ、日本でLiDAR認識技術を提供(18:16)

テイクオフ:韓国の歴代政権は、任期…(04/14)

韓国電池に「三つの死角」 LGとSK和解でも募る危機感(04/14)

現代自がEVの充電器設置 リッポーと、民間企業の設置進む(04/14)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン