• 印刷する

テイクオフ:話す内容は過激だとして…

話す内容は過激だとしても、声に抑揚がなく途切れがち。身振り手振りは控え目だ。ドゥテルテ大統領の演説を聞いていると、眠気が襲ってくる瞬間がある。対照的なのが、大統領の娘であるダバオ市長のサラ氏。実際に会うと貫禄すら感じるものの、表情豊かに、語りかけるような姿勢が印象的だった。

当地では早くも、来年の大統領選をめぐってさまざまな臆測や議論が飛び交っている。世論調査ではサラ氏の人気が圧倒的に高い。地元紙によると、地元の南部ダバオ市やマニラ首都圏、中部セブ市で、大領領への立候補を求めた全国の支持者が独自にポスターを貼り、問題となった。

サラ氏の人気は、ドゥテルテ大統領に対する支持の高さの表れでもある。ただ当の本人は、これまで一貫して2022年の大統領選に出馬しない方針を示している。6年に1度の大行事、今から目が離せない。(堀)


関連国・地域: フィリピン
関連業種: 社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

新型コロナ、新たに8719人確認(04/23)

外出制限の緩和、見通せず 医療逼迫、感染拡大も続く(04/23)

3月の東南ア訪日者数98%減、引き続き低迷(04/23)

新型コロナ、新たに8767人感染(04/23)

コロナ感染、増加ペース鈍化続く(04/23)

比の経済回復はワクチン接種次第、ア開銀(04/23)

フィリピン航空、コロナ陰性証明アプリ試験(04/23)

ジムや商業施設、ワクチン接種会場に(04/23)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン