• 印刷する

シノファーム、ワクチン緊急使用を申請

フィリピン食品医薬品局(FDA)は2日、中国の製薬企業、中国医薬集団(シノファーム)がフィリピン国内での新型コロナウイルス感染症向けワクチンの緊急使用許可(EUA)を申請したと明らかにした。複数の地元メディアが伝えた。

食品医薬品局のローランド・エンリケ・ドミンゴ局長は「1日午後にオンラインの申請を受けた」と明らかにした。現在は申請内容を確認している段階だと説明した。

ロケ大統領報道官は1日、シノファームが緊急使用を申請したと明らかにしていたが、食品医薬品局は正式に受け取っていないと話していた。

食品医薬品局はこれまでに、米ファイザーと独ビオンテックが共同開発したワクチンのほか、英アストラゼネカ、中国の科興控股生物技術(シノバック・バイオテック)のワクチンについて、国内での緊急使用を承認している。


関連国・地域: 中国フィリピン
関連業種: 医療・医薬品

その他記事

すべての文頭を開く

新型コロナ、新たに8719人確認(04/23)

外出制限の緩和、見通せず 医療逼迫、感染拡大も続く(04/23)

3月の東南ア訪日者数98%減、引き続き低迷(04/23)

新型コロナ、新たに8767人感染(04/23)

コロナ感染、増加ペース鈍化続く(04/23)

比の経済回復はワクチン接種次第、ア開銀(04/23)

フィリピン航空、コロナ陰性証明アプリ試験(04/23)

ジムや商業施設、ワクチン接種会場に(04/23)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン