• 印刷する

野焼き・山火事4500カ所、北・西部に集中

タイ地理情報・宇宙技術開発機構(GISTDA)は、山火事や野焼きが発生しているとみられる高温の場所「ホットスポット」が2月28日時点で全国4,504カ所で確認されたと発表した。多くは北部と西部に集中しており、風の強くない日が続いて大気汚染や煙害が発生しやすくなっているとして注意を促した。2日付プーチャッカーンが報じた。

発生場所の内訳は、保護林・保全林が3,528カ所、一般農地が382カ所、農地改革事業用地(ソーポーコー)が338カ所、人口密集地・その他が239カ所、国道沿いが17カ所。保護林・保全林は主に山火事、農地は野焼きによるものとみられる。

ホットスポットの大半が北部と西部に集中しており、県別で最も多かったのが西部カンチャナブリ県の646カ所。北部ランパン県の465カ所、ターク県の344カ所がこれに続いた。南部は非常に少なかった。

近隣国ではミャンマーで4,398カ所、カンボジアで1,187カ所のホットスポットが確認されており、国境部のホットスポットは風向き次第でタイに大きな影響を与えるとして警戒を呼び掛けた。


関連国・地域: タイ
関連業種: マクロ・統計・その他経済

その他記事

すべての文頭を開く

市中感染1544人、累計感染者4万人突破(17日)(04/17)

市中感染1577人、過去最多をさらに更新(16日)(04/16)

ミャンマー国境輸出、21年は6%減の見通し(04/16)

市中感染1540人、過去最多を連日更新(15日)(04/16)

1Qのバイク新規登録1%増、3月に大幅増(04/16)

ワクチン接種、4割自主判断 安全性懸念し「帰国接種」希望も(04/16)

排気量別の新規バイク登録台数(21年3月)(04/16)

地域別の新規バイク登録台数(21年3月)(04/16)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン