• 印刷する

ホーチミン市証券、既存株主に割当増資計画

ベトナムのホーチミン市証券(HSC)は既存の株主に対する割当増資を提案している。発行額は2兆1,350億ドン(9,300万米ドル、約99億円)を見込み、調達資金は信用取引への融資などに充てる計画だ。1日付ダウトゥ電子版が報じた。

計画案によると、新株1億5,250万株を発行し、資本金を3兆580億ドンから1.5倍の4兆5,830億ドンに引き上げる。1株当たりの販売価格は額面を40%上回る1万4,000ドンと前回2019年2月の発行時と同じ価格で、最近の市場価格より約55%低い設定だ。

発行額のうち、信用取引への融資に1兆4,950億ドン、証券発行の保証業務に4,270億ドン、トレーディングに2,130億ドンを充てる計画だという。

現在、12日まで株主からの意見を募り、国家証券取引委員会(SSC)の許可を受けて年内に発行する予定。HSCは外資の保有率が47%余りと最も高い証券会社の一つ。このうち英系投資資金管理会社ドラゴン・キャピタル・グループ傘下のドラゴン・キャピタル・マーケッツが資本金の30%余りを保有し、最大の株主となっている。


関連国・地域: ベトナム
関連業種: 金融

その他記事

すべての文頭を開く

ワクチン調達「リスク取る必要」、保健相(04/16)

ワクチン接種、4割自主判断 安全性懸念し「帰国接種」希望も(04/16)

海外事業拡大先でベトナムは2位、ジェトロ(04/16)

バンブー航空、米国で3QにIPO計画(04/16)

タンカンハイフォン港、大型コンテナ入港可(04/16)

マツダの「CX―30」を投入、Thaco(04/16)

錦湖タイヤが越工場増強、北米向けでシフト(04/16)

ホアファット、1Qの粗鋼生産量が国内最大(04/16)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン