• 印刷する

豪州巨大労組の鉱山・エネ部門、離脱を決議

オーストラリアの建設・林野・鉱山・エネルギー労組(CFMEU)の鉱山・エネルギー部門はこのほど、同労組からの離脱を決議した。今後は独自の独立した労働組合を組成する方針だ。2日付地元各紙が伝えた。

鉱山・エネルギー部門の組合員の約300人に上る代表が1日の全国大会で行った投票でCFMEUからの離脱を決議した。

鉱業部門は声明で、CFMEUの建設部門が数の論理を用い、より規模が小さい鉱山・エネルギー部門の労働者の見解を軽蔑し、無視することは耐え難いとし、建設部門の「マッチョな姿勢」を批判した。

CFMEUは、ビクトリア州書記長のセトカ氏が家庭内暴力を行った問題で、当時の全国書記長であり現在製造部門を代表するオコナー氏が同氏を擁護しなかったことから、1年以上にわたって内部分裂が続いていた。

鉱山・エネルギー部門は正式な離脱に向け、組合員の過半数の支持を確保した後、労使裁定機関のフェアワーク委員会(FWC)に撤退を申請しなければならない。

連邦政府は昨年12月、CFMEUを分割するための法案を可決。新法によると、FWCは分割に関する申し立てを許可するに当たり、分割の対象となっている組織が職場法などの法律への違反歴があるかなど、さまざまな要因について調査を行う必要がある。


関連国・地域: オーストラリア
関連業種: 天然資源電力・ガス・水道マクロ・統計・その他経済雇用・労務

その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:豪中の外交関係の悪化が…(04/23)

VIC州の一帯一路覚書を破棄 豪「国益反する」、中国は報復も(04/23)

中国今度は干し草、輸出停止で豪業界に波紋(04/23)

豪、越のワクチン支援に1050万米ドル(04/23)

神華集団、NSW炭鉱の開発計画を断念(04/23)

豪貿易相、欧州歴訪後に英でFTA協議へ(04/23)

JAL、シドニー―成田便を6~8月運航(04/23)

豪アレグロ、トール物流部門の黒字化に自信(04/23)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン