南部港の近代化事業、日本政府が11億円支援

在カンボジア日本大使館は1日、カンボジア政府に対する政府開発援助(ODA)の一環として、南部シアヌークビル港の船舶通航システム(VTS)整備事業に11億3,200万円を無償供与すると発表した。日本の三上正裕駐カンボジア大使とカンボジアのプラク・ソコン外相が同日、首都プ…

関連国・地域: カンボジア日本
関連業種: 運輸マクロ・統計・その他経済政治


その他記事

すべての文頭を開く

シエムレアプの一部地区、ロックダウン(04/19)

イオンモールの営業を一時停止、都市封鎖で(04/19)

プノンペン全域都市封鎖、15日から28日まで(04/16)

ワクチン接種、4割自主判断 安全性懸念し「帰国接種」希望も(04/16)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン