• 印刷する

民間ワクチン、政府の先行接種と違う4種で

インドネシア保健省のシティ広報官は1日、民間企業を対象にした新型コロナウイルスワクチンの自主接種プログラムについて、政府のワクチンプログラムで使用されている中国の科興控股生物技術(シノバック・バイオテック)製などとは別の4種を使用することになる見通しだと明らかにした。2月25日付で公布された保健相令『2021年第10号』では、民間のワクチン接種では政府プログラムで使用しているワクチンと違う種類のものを使用するよう規定している。

2日付コンタンによると、シティ広報官は民間のワクチン自主接種プログラムでは、ロシア製の「スプートニクV」、中国の国営中国医薬集団(シノファーム)製、米バイオ製薬モデルナ製、中国の重慶智飛生物製品の子会社である安徽智飛隆康生物製品(ジーフェイ)製の4種などの使用を想定していると明らかにした。ワクチンは国営製薬持ち株会社ビオ・ファルマから民間企業に供給されるとし、企業へのワクチンの販売価格についてはまだ伝えられないと述べた。

保健省はこれまでにシノファームや米モデルナとワクチン供給について交渉を始めていることを明らかにしている。ルフット調整相(海事・投資担当)は2月25日に、シノファームから最大3,000万回分のワクチンを確保したと述べていた。

保健省のシティ広報官は、民間企業を対象にした新型コロナウイルスワクチンの自主接種で使用するワクチンについて米モデルナ製など4種を使用する見通しを示した(アンタラ通信)

保健省のシティ広報官は、民間企業を対象にした新型コロナウイルスワクチンの自主接種で使用するワクチンについて米モデルナ製など4種を使用する見通しを示した(アンタラ通信)


関連国・地域: インドネシア
関連業種: 医療・医薬品

その他記事

すべての文頭を開く

ホテル大手ファーイースト 、隣国同業と提携(19:42)

韓国と開発のワクチン、年内商用化の見込み(17:49)

マルチファイナンス6社がM&Aを計画(17:29)

テイクオフ:ネット通販を利用してい…(04/21)

【この人に聞く】変わるビジネス環境 ジェトロ、日本の投資を後押し(04/21)

政策金利据え置き、経済成長率は下方修正(04/21)

QRコード決済、5月から上限500万ルピア(04/21)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン