• 印刷する

テイクオフ:ロンドンのちょっと小ぎ…

ロンドンのちょっと小ぎれいなレストランで、フォークを皿の上に落としてしまったことがある。ガラガラガッシャーン。周りのロンドナーたちが一斉にこちらをにらみつける。中には「アジア人って、フォークが使えないのね」と言いたげな厳しい目つきも。

台湾に来てからは、そんな苦い経験をしていない。といっても、食器の使い方がうまくなったわけではない。台湾のちょっと小ぎれいなレストランはたいてい、周りの食卓の音など気にならないほどうるさいのだ。

先の連休は天母のちょっと小ぎれいな中華レストランに行った。食器を落とすほか、泣き叫ぶこともある1歳の子どもを連れて。けど、店の門をくぐるなり聞こえてくるのは客たちのけたたましい笑い声。台湾のレストランは騒々しいことやるかたなし。でも子持ちにとっては、少しほっとする喧騒(けんそう)だったりもする。(陳)


関連国・地域: 台湾欧州
関連業種: サービス社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

中華電やクアルコム、デジタル化支援で提携(21:35)

テイクオフ:「断水中だからタンクの…(04/21)

南亜科技がDRAM新工場 10ナノ級生産、1.2兆円投資(04/21)

壱伝媒、台湾紙売却で新合意 狭まる包囲網、親中派が批判強化(04/21)

3月の輸出受注3割増、1~3月は過去最高(04/21)

旺宏の6インチ工場、鴻海が提携に関心(04/21)

台湾ベンツ次期総裁、EV投入加速方針(04/21)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン