ジョ州、東南ア最大規模の太陽光発電所開発

マレーシア・ジョホール州で、東南アジア最大規模の太陽光発電所を開発するプロジェクトが始動する。設備容量は45万キロワット(kW)で、投資額は14億リンギ(約370億円)。イブラヒム・イスカンダル州王(スルタン)が2月28日、公式フェイスブックで明らかにした。 「スルタン…

関連国・地域: マレーシア
関連業種: 電機建設・不動産電力・ガス・水道マクロ・統計・その他経済


その他記事

すべての文頭を開く

新たな変異ウイルス、バタム島で確認(04/16)

UMWトヨタ、1Q販売は61%増の1.7万台(04/16)

日野自、起業家育成機関に中型バス32台納入(04/16)

ワクチン接種、4割自主判断 安全性懸念し「帰国接種」希望も(04/16)

ツリーレティック、隣国へ電動二輪車輸出へ(04/16)

RM1=26.4円、$1=4.13RM(15日)(04/16)

異物検知の実証実験第2期開始、首都空港で(04/16)

建材サラワク、マレー半島進出へ企業買収(04/16)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン