• 印刷する

《日系進出》双日、医療大手クオリタスに出資

双日は1日、マレーシアとシンガポール、オーストラリアでプライマリーケア(総合診療)を提供するクオリタス・メディカルの第三者割当増資を引き受け、持分法適用会社としたと発表した。海外の民間医療事業への投資は初めて。東南アジアで最大級の診療所チェーンへの出資で、成長著しいアジア太平洋地域のヘルスケア市場に参入する。

クオリタスは1997年にマレーシアで創業。現在は同国で249カ所の医療施設を運営するほか、シンガポールとオーストラリアでも診療所、歯科医院、画像診断センターなどを展開している。グループ全体の医療施設数は約300カ所、従業員数は約1,700人に上る。

双日の広報担当者はNNAに対し、「家庭や地域といった身近な場で医療を提供するプライマリーケアの需要が世界的に拡大しており、2年ほど前から東南アジア域内での出資を検討していた」と説明。クオリタスへの具体的な出資額や出資比率については非公表とした。

クオリタスは双日からの出資を受け、診療所の新設や買収などの戦略投資を加速する。2022年までに運営施設数を500カ所まで拡大する目標を掲げており、ベトナムやミャンマー、インドネシア、バングラデシュへの進出も視野に入れている。

近年、成長著しい東南アジア域内のヘルスケア事業には、日系の商社も注目している。三井物産は11年からマレーシアとシンガポールを中心に展開する病院経営大手のIHHヘルスケアに出資。19年3月に同社の筆頭株主となったほか、マレーシアの民間医療サービス事業者コロンビアアジアにも出資している。


関連国・地域: ベトナムマレーシアシンガポールオーストラリア日本
関連業種: 医療・医薬品マクロ・統計・その他経済

その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:クアラルンプールのイン…(04/19)

新型コロナ第4波の到来懸念 州をまたぐ移動制限解除は困難に(04/19)

新規感染2195人、4日連続2千人超(04/19)

新たな変異ウイルス、バタム島で確認(04/19)

米が為替操作国ゼロに、「証拠不十分」(04/19)

3月も新車販売が好調、前年同月の約3倍に(04/19)

プロトンのSUV「X50」、予約4万台に(04/19)

RM1=26.4円、$1=4.13RM(16日)(04/19)

3月の国内空港利用者数、82%減の58万人(04/19)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン