• 印刷する

コロナのワクチン接種開始 医療従事者ら、年内5000万人目標

フィリピンで1日、新型コロナウイルスのワクチン接種が始まった。中国の科興控股生物技術(シノバック・バイオテック)製の60万回分で、医療従事者らが対象となる。当初は2月中の接種開始を見込んでいたがずれ込み、東南アジアの主要国で後れを取った。人口約1億1,000万人のうち、年内に5,000万~7,000万人の国民への接種を目指す。

新型コロナウイルスのワクチン接種を受ける新型コロナワクチン戦略責任者のガルベス氏(大統領府提供)

新型コロナウイルスのワクチン接種を受ける新型コロナワクチン戦略責任者のガルベス氏(大統領府提供)

首都マニラにある政府系のフィリピン総合病院で、ジェラルド・レガスピ院長が国内のワクチン接種で第1号となった。同病院の医療従事者や新型コロナワクチン戦略責任者のカリート・ガルベス氏らも接種を受けた。ワクチンは3日に中部ビサヤ地方、5日に南部ミンダナオ地方に輸送される見通し。中国が供与したワクチンは2月28日に到着した。

今回供与された分とは別に、3月中にシノバックから100万回分、英アストラゼネカから350万回分のワクチンが到着する見込み。アストラゼネカ製は1日に届く予定だったが、世界的な供給不足からずれ込んでいるという。ワクチン接種は東南アジアの主要国で始まっており、フィリピンは遅れている。

供与された分を含めた計510万回分のワクチンは、約170万人いる医療従事者とコロナ感染者の接触者追跡などを担当する自治体職員に充てる。余剰分があれば、知事やバランガイ(最小行政単位)長らに振り向ける。一般市民への接種は5月ごろになる見通し。

政府は4~6月に約2,600万回分、7~9月と10~12月にそれぞれ4,000万~5,000万回分のワクチンの調達を見込んでいる。これにより5,000万~7,000万人の国民への接種を目指す。調達先の多様化に向けて、欧米大手などと交渉を重ねている。

ドゥテルテ大統領は、外出・移動制限措置の緩和に2,000万~4,000万回分のワクチンを確保する必要があるとの見解を示している。国内経済がコロナ前の水準に戻る時期については、2023年までかかると述べ、ワクチン接種が始まってもしばらくは楽観できない状況が続きそうだ。

一方、ガルベス氏によると、大統領は200万回分の在庫を確保できれば経済活動再開の幅を広げることは可能と話しているようだ。さらにワクチンの確保が順調に進めば、22年半ばには経済がコロナ前の水準に回復できるとの見通しを示した。


関連国・地域: 中国フィリピン米国欧州
関連業種: 医療・医薬品マクロ・統計・その他経済社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

新型コロナ、新たに8719人確認(04/23)

外出制限の緩和、見通せず 医療逼迫、感染拡大も続く(04/23)

3月の東南ア訪日者数98%減、引き続き低迷(04/23)

新型コロナ、新たに8767人感染(04/23)

コロナ感染、増加ペース鈍化続く(04/23)

比の経済回復はワクチン接種次第、ア開銀(04/23)

フィリピン航空、コロナ陰性証明アプリ試験(04/23)

ジムや商業施設、ワクチン接種会場に(04/23)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン