ベンチャー投資、誘致に気運 成功例少なく体制作りが課題

ベトナムで、地場スタートアップ企業に海外からの投資を呼び込もうとする動きが活発化している。米中貿易摩擦による中国からの拠点移転の恩恵を受け、新型コロナウイルスへの対応力でも世界の評価を高めたベトナムだが、新興企業の資金調達では成功事例がまだ少ない。ベンチャーの…

関連国・地域: ベトナムシンガポールインドネシア日本ASEAN
関連業種: 医療・医薬品金融IT・通信マクロ・統計・その他経済社会・事件


その他記事

すべての文頭を開く

労働許可証、厳格化で混乱 新政令後、外国企業が対応に苦慮(04/23)

3月の東南ア訪日者数98%減、引き続き低迷(04/23)

シンガポールと首脳会談、商用便再開を協議(04/23)

豪、越のワクチン支援に1050万米ドル(04/23)

CPTPPからのFDI、2年で213億ドル(04/23)

ホーチミン市、1~3月の法人税収3割増(04/23)

ホーチミン市、30年までに輸出額2.7倍へ(04/23)

ハノイ、経済社会発展5カ年計画で草案(04/23)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン